フランソア福岡工場直売所へパンを買いに行った感想。直売所はアウトレットではないと気がついたお話。

img_8936

みなさんは「工場直売所」という言葉にどのような印象をお持ちでしょうか?

「出来たて新鮮な商品が手に入る」

「市場に出回らない商品が手に入る」

「激安アウトレット商品が手に入る」

このように思う方は多いのではないかと思うのですが、私もその一人でした。

実は先日、福岡県の新宮町にある「フランソア福岡工場直売所(スリフトショップ)」へ初めてパンを買いに行ってきました。

フランソアのパンは私を含め家族も大好きで、日々の食卓にのぼらない日はないくらい、定期的に購入している食品のひとつです。

そんな大好きなパンメーカーの工場直売所ということで、上記のような期待をしつつお店を訪れたものの、そこで私は初めて工場直売所の概念が変わってしまう経験をしました。

こう書くとそこでどんな事があったのかおおよその想像がつくかもしれませんが、今日はそんな私のフランソア工場直売所の初訪問記を書いてみたいと思います。

※これは決してフランソア落としの記事ではありません。最後まで読んでいただけると納得していただけると思います。

スポンサーリンク

フランソアとはどんなパンメーカー?

img_8943

フランソアは1951年創業の、九州を中心として展開しているパンメーカーです。

工場は今回訪れた福岡本社工場のほかに、佐賀・佐世保・長崎・熊本と合わせて5つがあり、「ヘルシー」と「美味しさ」にこだわったパンを作り続けている会社です。

私がフランソアのパンで特に気に入っている点が、製品の原材料に対するこだわりが光っているところです。

main-image2

(出典:フランソアHP より)

国内産小麦使用にかんしてはスローブレッドのみですが、その他の「保存料ゼロ」であったり「トランス脂肪酸フリー」などはフランソアのほとんどの商品で取り入れられているこだわりです。

私はハンバーガーも作ったりとパンの手作りもやりますが、手間のかかるパンはどちらかと言うと買うことの方が多いです。

arrow47_004子供が大好きなハンバーガーは自宅で手作りが一番!その5つのメリットとは?

ですが、自分だけでなく子ども達にも食べさせるパンは、やはり安心安全な原材料で作られているものを食べさせたいもの。

そうやって市販のパンを見極めていく中でたどり着いたのがフランソアのパンだったのです。

私がお気に入りのフランソアのパン2種類

そんなフランソアのパンの中でも私が特に気に入っているのが「100%天然素材ブレッド」「スローブレッド」の2つのシリーズです。

毎朝このどちらかのパンを家族で食べています。

100%天然素材ブレット

seriesttl_100bread

(出典:フランソアHP より)

100%天然素材ブレッドは、その名のとおり天然由来の素材のみで作ったパンシリーズです。

我が家の朝食のほとんどはこのシリーズの食パンが登場しています。

img_8950

原材料が安心というだけでなく、実際食べてみても美味しいこちらの食パン。

生地のキメが細かく、しっとりしていて食べごたえがあるのが特徴です。

よく安いパンに多い「生地がスッカスカ」というのがありますが、この食パンにかんしてはそういうのが全くないです。

いつもこのパンばかり食べていてわからなかったのですけど、先日たまたま違うメーカーの食パンを食べた時にはっきりとその違いが認識できました。ほんと美味しい。

また、最近ではこのシリーズの「玄米とひまわり食パン」という食パンも買うようになりました。

img_8951

こちらは主人のお気に入りでして、トーストした時のサクサク感が非常に良いです。

玄米とひまわり種の食感も良く、栄養的にも素晴らしい食パンだと思います。

スローブレッド

seriesttl_slowbread

(出典:フランソアHP より)

スローブレッドは「天然酵母」と「自家製ルヴァン種製法」で作られた本格的なパンシリーズです。

ルヴァンとはフランス語で発酵種のことで、主に小麦粉とライ麦粉と水を混ぜて作ったもののことをそう呼びます。

パン専門店でしか買えないようなパンが気軽にスーパーで買えるので、私もちょくちょくこのシリーズのパンは利用しています。

%e3%82%b9%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%96%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%89

(出典:フランソアHP より)

1商品あたり300~350円程度と、市販のパンにしては若干お値段は高めですが、私はその価値は十分にあると思っています。

クリームチーズやいちじくなどの素材がふんだんに練りこまれていますし、生地もしっとりしていて非常に美味です。

スローブレッドシリーズだけでなく、フランソアのパンは他社と比較するとそれほどお安いものでもないため、私は今回訪れた工場直売所に多大なる期待を寄せていました。

「大好きなフランソアのパンがお得にゲットできる!(鼻息)」

ところが、そんな私の期待はまさかの形で打ち砕かれてしまいました。

フランソア福岡工場直売所で購入したパン達

img_8947

今回、フランソア福岡工場の直売所で購入したパンは計5点です。

100%天然素材シリーズ以外に「Naturel(ナチュレル)」というシリーズも購入しました。(スローブレッドはこの時は見当たりませんでした)

こちらは100%天然素材シリーズのテーブルブレッド版といった感じで、菓子パン類も多々あります。

菓子パンと言っても100%天然素材のこだわりはしっかり取り入れられた商品なので安心です。

ですが、これまで散々フランソアのパンについてどれだけ私が溺愛しているのかをくどくど語ってきたにもかかわらず、なぜ直売所まで行ってたったの5点しか購入しなかったのか。

疑問に思う方もいらっしゃるはずです。

リョーユーパン直売所ではあれだけ買ってたのにね。

arrow47_004リョーユーパンがほぼ半額で買える福岡県大野城市の直売所がすごい!行ってみた感想と実食まとめ。

ところで、直売所は福岡本社工場敷地内にあり、平日の午前中に伺いましたが、店内には商品が豊富に揃えられておりました。

img_8939

店内撮影NGだったため写真でその様子をお伝えできないのは残念ですが、パンを買おうと思えばたくさん買える状況にはあったわけです。

なのになぜ直売所まで行ってたったこれだけの戦利品なのか。

思ったより安くなかった

というのが一番の理由です。

正確には、一部のパンにかんしては若干スーパーよりもお安いものはありましたが、正直良く行く地域の激安スーパーと比べて「?」という値段のものが多く、そのため普段は買わない商品にまで手が伸びませんでした。

では実際に直売所とスーパーではどれほどお値段が違うのかについて検証してみます。

直売所で買ったパンを地域激安スーパーと比較してみた

100%天然素材ブレッドのお値段比較

まずはいつも買っている100%天然素材ブレッドから見てみましょう。

img_8950

実は普段は6枚切りを購入するのですが、この日の直売所には5枚切りしかなくこちらを購入。

こちらは直売所にて1袋150円(税込)で販売されていました。

イオンなどでは180円程度(税別)で売られている商品なのでそれと比べると若干安いかなと感じますが、実は私が良く行く激安スーパー「トライアル」では1袋149円(税込)で売られています。

なんと直売所の方が1円高い!

「1円なら高い安いでそんなにガーガー言わなくても」とお思いになる方もいるでしょうが、トライアルはトライアルカード持参でポイントがたまります(笑)

200円で1ポイントがたまりますが、トライアル常連の私はプラチナ会員ということもあり、100円で1ポイントたまってしまうのです。

どうせほとんど同じような値段なら、ポイントがたまる方で買った方がお得ですよね。

いつも買うものなのでこの日も買ってしまいましたが、今後はトライアルで買うことにします。

玄米とひまわり食パンのお値段比較

img_8951

こちらも定期的に購入している食パンです。

直売所でも売られていたので買ってきましたが、お値段は190円(税込)でした。

こちらはトライアルで229円(税込)で売られていたので、直売所の方がちょっとお得ですね。

玄米とひまわり食パンであれば、直売所で購入するメリットはあるかと思います。

(が、わざわざこれだけを買いに直売所に行くかと考えると…。うーん、微妙…。トライアルポイントつくし…)

Naturel(ナチュレル)シリーズのお値段比較

img_8958

直売所ではナチュレルシリーズが3点350円(税込)という価格で販売されていました。

大きなケースにナチュレルシリーズのパンがたくさん入っていて、その中から好きな3つを選んで購入できるというスタイルでした。

私は今回「しっとりチョコスティック7本入」「レーズン&いちじくソフトフランス」「黒ごまおさつバター」を選んでみました。

3点で350円(税込)ということは、1点あたり約117円

それぞれスーパー(トライアル)の価格と比較してみました。

img_8952

チョコスティックにかんしては、トライアルにて1袋139円(税込)で売られていました。

なので、直売所の方が約20円ほどお得といった感じですね。

img_8959

しっとりした甘めの生地にチョコシートが織り込まれた、我が家の子ども達も大好きなパンです。

img_8953

レーズン&いちじくソフトフランスは私が好きなパンでして。たまに買います。

こちらはトライアルで149円(税込)で売られていましたので、直売所の方が30円ほどお得です。

img_8961

生地がやわらかく食べやすいので、子ども達も好きなパンです。

img_8954

最後に黒ごまおさつバターというパンですが、こちらは初めて購入しました。

トライアルにも売られておらず、お値段比較はできませんでした。

※上記価格と販売状況については平成28年10月現在のものです

img_8960

甘く煮たさつまいもと黒ごまの食感が美味しい一品でした。

フランソア福岡工場直売所でパンを買った感想

img_8933

フランソア福岡工場の直売所で売られているパンは、決して激安ではありません。

先述したように、直売所=安いというイメージを持たれている方が多いかと思いますが、今回の訪問で必ずしもそうではないということが分かりました。

いや、そもそも直売所自体が安く売ることを目的とした施設ではないのかもしれない。

直売所とは「生産者が近隣などで直接販売している場所」のことを指した言葉です。

私が「直売所=アウトレット=安く商品が買える」と勝手に思い込んでいたがために、また過去に行ったことのある工場直売所が半額で売られていたりしたこともあり、今回のフランソア福岡工場直売所にも行く前から同じように捉えていた節がありました。

くれぐれも言っておきますが、フランソアは全く悪くないです。

私が勝手に思い込み、勝手にがっかりしたという一人相撲の話です。

ただ、フランソアには私がいつも購入しているもの以外にもシリーズがいくつかあり、今回私はそれらにかんしては商品の購入・比較などをしていないため、もしかしたらスーパーなどよりもかなりお得な商品があったのかもしれません。

お弁当やスイーツ類もあったので。

激安ではないにしても、今回私が購入したシリーズのパンも若干スーパーよりお安かったので、フランソア福岡工場直売所のお近くを通った際は立ち寄ってみても良いかもしれませんね。

ですが、わざわざ車を出して遠方から買いに行くほどの金銭的メリットは無いような気がします。

結論

今回のフランソア福岡工場直売所の初訪問で至った結論は…

やっぱりフランソアのパンは美味しい

ということでした(笑)

できればもっとお買い得価格で買えると、尚うれしい。

img_8937

直売所の営業時間が2016年10月10日から変更になっているようです。

ご興味のある方は一度行かれてみてはどうでしょうか。

私もいろいろ書いてきましたが、もしかしたらまた直売所をのぞきにいくかもしれません。

今回見逃していた直売所限定の超お得商品が実はあるかもしれないので~。

現場からは以上でした。

【店舗情報】

フランソア福岡工場 直売所(スリフトショップ)

■TEL 092-941-2316

■住所 

■営業時間 10:00~17:00

福岡市在住の主婦です。
毒親育ちが発達障害児を育てています。
2016年から ブログ始めました。
人間関係や子育てに関する日々の気づきを、独断と偏見まみれの記事で更新中。
ビュッフェと直売所に頻出します。
スポンサーリンク
フランソア福岡工場直売所へパンを買いに行った感想。直売所はアウトレットではないと気がついたお話。
おひとり主婦のたわごとの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
♪ランキングに参加しています♪
♪クリックいただけるとますます自分らしくいられます♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
スポンサーリンク