リョーユーパンがほぼ半額で買える福岡県大野城市の直売所がすごい!行ってみた感想と実食まとめ。

img_8685

先日、リョーユーパンがお得に買えるという直売所に行ってきました。

リョーユーパンと言えば、マンハッタンやヤキリンゴなどで有名な西日本を中心としているパンメーカーですが、そのようなパン達が激安価格で買えるということで、「お得」「激安」「アウトレット」という言葉が三度の飯の次に好きな私は、鼻息荒く出かけてきました。

おひとり好きな私は、このようなお店を見つけてはひとりでお出かけするのがこの上ない至福(笑)

店舗内は写真撮影NGとのことでしたので、今回買い求めた商品写真と私のくどい文章のみでこちらリョーユーパン直売所「ハーフプライスベーカリー」の詳細をお届けしようと思います。

スポンサーリンク

リョーユーパンの直売所はどこにあるの?

img_8686

リョーユーパン直売所「ハーフプライスベーカリー」福岡県の大野城市にあります。

県道31号線のすぐ側にあり、この大きな看板が遠くからでも見えるので、場所もわかりやすいかと思います。

リョーユーパンの福岡県内の直売所は、大野城市の他にも糸島市に1店舗あるようです。

県外では佐賀県や熊本県にもあるようなので、お近くで直売所を探したいという方は「リョーユーパン 直売所」などで検索するとたくさんでてきますよ。

大野城市にあるこちらの直売所は、リョーユーパンの福岡工場に併設しているということもあって、さまざまなパンが大量に売られていました。

イメージが伝わりやすいように店舗内の写真を載せたかったのですが、かなり店員さんや総務課にまで掛け合ったものの撮影はNGとのことでしたので、以下私が購入したものについてご紹介していこうと思います。

パンはほとんどのものが定価の半額

img_8687

パンの種類は本当にたくさんあって、何を買うか30分は店内をウロウロしながら悩んでしまいました。

私がざっとみたところ、パンの種類は20~30種類程度はあったのではないかと思います。

バイキング形式で「5個59円」などという叩き売り的なパンもあり。

もちろん、スーパーに並んでいるようなきちんと個包装されたパンもたくさん置いてありました。

そんな悩みに悩んだ中、私が今回購入したパンはこちらです。

img_8691

計7点。税込745円ナリ。

人気商品のマンハッタンは狙ってはいたものの、見当たりませんでした。

合計金額をご覧になってお分かりかと思いますが、1点あたりのパンの値段はどれも100円前後です。

「ハーフプライスベーカリー」というお店の名前のとおり、全てのパンのお値段が定価の半額になっているようです。

では、ひとつずつ細かくチェックしていきます。

64円パンと110円パンの全貌

img_8692

リョーユーパンの直売所で売られているパンは、大きく分けて64円のものと110円のものに分けられている印象でした。(税別です)

他にもデザート類や惣菜類などもあり、また例外のパンセットなどもあったりで、それらはお値段がまた違ってくるのですが、店内のほとんどのパンが64円か110円という価格設定でした。

この写真のように、透明な袋にはいっただけの少量パンは概ね64円で売られていました。

今回私はこの64円パンを3種類しか買いませんでしたが、これら以外にも惣菜パン・菓子パン問わずに種類はたくさんありましたよ。

64円のチョコクロワッサン

img_8693

こちら64円で売られていたチョコクロワッサンですが、リョーユーパンのHP上ではこの商品は見当たらず。

アウトレット専売品かとも思いつつ調べていたら、リョーユーパンのメゾンブランシュというブランドのチョコクロワッサンによく似ているのですが、最近では販売されているところを見かけたことはありません。

このようなちょっと珍しいパンが手に入るのも、直売所ならではの魅力です。

クロワッサンの中に入っているチョコは1cmはあろうかという厚みのボリューミータイプ。

チョコ好きな私でもかなり食べごたえのある一品でした。

64円のカレーパン(3個入り)

img_8696

カレーパンは3個入って64円というお得感満載さ。

少々小ぶりではありますが、お子様用にはちょうど良さそうなサイズです。

ご覧のとおり、中のカレーはそう多くはありませんが、我が家の子供達がこのカレーパンを食べた感想は「辛い」とのこと。

まだカレーは甘口専門の我が子達ですから、そのように感じやすかったのかもしれませんが。

私が食べた感想では、ごくごく一般的なカレーパンの「辛くもなく甘くもなく」という感じでした。

生地は揚げたてサクサクという感じではありません。

64円のメープルホイップパン

img_8694

こちらはラウンド型の食パン生地に生クリームを入れ、上をフレンチトースト風に焼いたような菓子パンでした。

このパンも市販商品としては見当たらなかったので買ってみたのですが、直径10cm程度のパンの中には思っていた以上に生クリームが入っていました。

リョーユーパンのパン生地は、全体的にそれ自体に結構な甘味があると私は感じているのですが、そんな甘めのパン生地と甘い生クリームに加え、トップのメープルのトリプルハーモニーで、まるでスイーツを食べているかのような一品でした。

甘党の方は好きなタイプのパンではないかと思います。




110円のレーズンロールパン

img_8691-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

すいません。レーズンロールパンの写真は失念です。

こちらはちょっと分かりにくいですが、8個入って110円でした。

こちらはスーパーで「ふんわりソフトなレーズンロール」という商品が6個入りで108円程度で売られていることを考えると、ややお得?という程度ではないかと思います。

子供達にあっという間に食べ尽くされてしまいました。

110円のバーガーバンズ

img_8691-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc-2

食い気の方が優っておりまして、バーガーバンズの写真も撮り忘れです。。。

6個入って110円(税別)という価格に飛びつき購入したのですが、これはなかなかコスパが良いと思います。

ということで、こちらのバンズを使って早速ハンバーガーを手作りしました。

img_8706

以前私がすべて手作りしたハンバーガーと比べると、やはりこちらの方がバンズの形が綺麗ですね(笑)

arrow47_004子供が大好きなハンバーガーは自宅で手作りが一番!その5つのメリットとは?

ですが、正直バンズに関しては、私は手作りした方が美味しいと思います。

(リョーユーさん、ごめんなさい)

ですが、パン作りってかなり時間がかかるんですよ。

軽量して、こねて、発酵させて、成形して…ってやってると、パンを作るだけで下手したら一日掛かりです。

が、ハンバーガーのバンズ以外のものはそれほど手がかかるものでもないので、「たまには手抜きしたいわー」という時には、このようなバーガーバンズは使えるかと思います。

長男、4つ食べました(笑)

110円のロールケーキ2種

img_8699

スイーツ系も1品購入しました。

調べたところ、「カットしてあるロールケーキ」のバニラと抹茶のセットのようです。

kashipan_cutrollvanilla01-thumb-autox250-1673

2本で110円(税別)はかなりお得。

カットはされていないのですが、両端を切り落としてから個別包装していると考えると、1本で6カット分ではないかと。

こちらもかなりコスパが良い商品だと思います。

img_8700

クリームはバタークリーム系で、生地は柔らかく甘めです。

太巻き寿司くらいのサイズなので、子供のおやつにちょうど良いサイズかと思います。

64円パン・110円パンはこの他にも、蒸しパンやあんぱん、さまざまなお惣菜パンが売られていましたので、何を買おうか本当に悩みました。

できれば全種類買って詳細をUPしたかったのですけど、店員さんのお話では、この賞味期限の記されていない袋に入ったパンは当日中にお召し上がり下さいとのことでしたので、泣く泣く全品購入は断念。

再訪時にまた新たな商品を購入した際は随時追記していこうと思います。

64円・110円以外のパン

img_8697

今回、こちらの直売所で初めてみた「ボン・カルサンド」なるものも購入してみました。

お値段はウェハースサンドが6本入りで192円(税別)

スーパーで売られていそうなそのままの出で立ちではありますが、サンドの形状は若干崩れているものが多かったです。

img_8698

このようにクリームがはみ出していたり…。

自宅で食べる分にはまったく問題のない範囲内なのですが、こちらも定価の半額ということで売られていました。

この商品も子供達がパクパク食べておりましたが、リョーユーパンは先述したように全体的に甘めで柔らかな生地のパンが多いので、子供は好きなのでしょうね。

このように64円と110円以外のパンは他にも10種類ほどあり、銀チョコの3点セットなど、同じ商品を詰め合わせて売っているものもちょこちょこ見受けられました。

リョーユーパン大野城市の直売所の様子

img_8685

今回買ったパンの紹介は以上になりますが、リョーユーパン大野城市の直売所はとにかく種類が豊富です。

そして、ひっきりなしにパンが補充されているので、陳列棚がスッカスカ…ということもありませんでした。

ただ、店舗入口には営業時間の表示はあったものの、但し書きとして「売り切れ次第終了です」の文字がありましたので、一日に販売する個数は決まっているものと思われました。

私が伺ったのは平日の午前中でしたので、たくさんお目当てのパンを買いたいという方は、やはり早めに来店された方が良いかと思います。

お店は7:30から開店しています。




リョーユーパンハーフプライスベーカリーまとめ

今回初めて私がこちらのお店を訪れてみた感想としては…

■とにかく安い

■パンの種類が豊富&補充の回転が早い

■アウトレット感は少ない

■賞味期限表示が無い袋パンは原則当日中に食べるべき

■お会計時に袋代5円がかかるのでエコバック持参がベスト

■店舗横駐車場が少ない(5台程度だが工場内にも一部停められる様子)

このような感じです。

新商品などもこちらの直売所には並ぶこともあるようなので、お試しで食べてみたいという方は、まずはこちらでお得にゲットしてみるのも良いかもしれません。

また、大野城方面に家族でお出かけの際には、お得にランチを調達する場所としても、こちらの直売所は重宝するかもしれませんね。

次回はマンハッタンが買えると良いな~。

福岡市在住の主婦です。
毒親育ちが発達障害児を育てています。
2016年から ブログ始めました。
人間関係や子育てに関する日々の気づきを、独断と偏見まみれの記事で更新中。
ビュッフェと直売所に頻出します。

スポンサーリンク
リョーユーパンがほぼ半額で買える福岡県大野城市の直売所がすごい!行ってみた感想と実食まとめ。
おひとり主婦のたわごとの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
♪ランキングに参加しています♪
♪クリックいただけるとますます自分らしくいられます♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
スポンサーリンク