特徴

スポンサーリンク
発達障害児

特別支援学校の通知表(あゆみ)は小学校とこんなに違う。特徴や評価方法をまとめました。

自閉症スペクトラムの次男は、2018年の春に特別支援学校の小学部に入学しました。 ADHD傾向の強い次男は、入学式から多動・衝動性を存分に発揮し、式の間も一人ウロウロ大騒ぎ。 と白目をむい...
発達障害児

放課後等デイサービスの選び方。療育型・運動型・お勉強型・アットホーム型タイプ別の特徴まとめ。

自閉症スペクトラムの次男(5歳)の来年度の就学に向けて、いよいよ大詰め感が増してきた現在。 特別支援学校にするか特別支援学級にするかという問題は、秋に行われる就学相談会でほぼ解決しそうではあります。 が!...
人間関係

毒親育ちはどういう性格になるのか。自分の経験から7つの特徴について考えてみた。

毒親育ちにはどのような特徴があるのか。 多くの人は、このような疑問を考えたことすらないかと思います。 ですが、私は自分の母が毒親だったと気づいてから、このような事をたびたび考えるようになりました。 ...
人間関係

【毒親】ダメな親に共通する特徴9つと子どもへの悪影響について実体験から考えてみた。

私の母は、毒親でした。 過去形なのはすでに他界しているためで、その毒にはっきりと気がついたのは母の死がきっかけでした。 私に価値観を押し付け、自分の思い通りにしようとするいわゆる「過保護・過干渉型」の毒親...
人間関係

過保護・過干渉型の毒親の特徴5つ。毒母・毒祖母との生活でみえてきたこと。

帰省すると、ブログも毒親ネタが多くなっていやですねー。 ほんの数時間の実家滞在でも、体のあちこちに祖母の毒がまわっているような感覚で、いつもより長めに半身浴をして気を紛らわせる日々です。 「毒はためずに吐...
人間関係

毒親の特徴は受け継がれるのか。お正月の身内の集いで気がついたこと。

私が実家に帰省するのは、年に4回程度です。 盆正月と田植え・稲刈りの手伝いの時くらいです。 これに、実父から実家の地域の祭りに誘われた時のみ帰省したりもしますが、こうやってみてみると実家を訪れる回数という...
人間関係

発達障害児は天才なのか。次男の特徴を見ていて気づいたこと。

我が家の次男は現在4歳。自閉症スペクトラムと診断されています。 強いこだわりと激しい癇癪を特徴として持っています。 福岡市の療育園の年中クラスに通っていますが、最近同じクラスのママさんから次男の特徴につい...
人間関係

借金を繰り返す夫の特徴4つ。離婚寸前にまでなった知人夫婦をみていて感じたこと。

金銭問題で離婚危機にあるという夫婦の話を以前書きました。 金銭問題で離婚しないために結婚前にカップルでやっておきたい事とは? 夫婦は現在も別居はしていますが、離婚にまでは至っていない状態です。 そん...
人間関係

毒母の異常な行動は娘に対する嫉妬心が関係していた!チェックリストで見えてきたこと。

Bike Time with Mom / donnieray 先日、何気なくテレビを観ていた時のこと。 毒母についての話題が取り上げられておりました。 私の母も毒親だったという話は以前書きましたが、それに気づけ...
人間関係

玉の輿希望女子は考えを改めるべし!独身ハイスペック男性に聞いた「結婚したい女」の特徴とは?

「女は何人かいるけど、結婚したい人っていないんだよね」 先日、とある知人独身男性の話を聞く機会がありました。 彼は自分で事業を展開しており、収入もサラリーマンの平均月収をはるかに上回る金額を稼いで...
両親/義理両親

人見知りは「治すものではなく治る」もの。自分を出せる環境を見つけることが克服の近道。

「だいぶ実家にも慣れてきたね」 先日、義理実家に帰省した際、主人からこのように言われました。 主人と結婚して、今年で10年目。 私はその生い立ちもあって、本当に人見知りで引っ込み思案で内気で...
人間関係

実録!女性関係のトラブルが多い夫に共通する3つの特徴とは。周辺リサーチしてみました。

ここ最近メディアを賑わせている話題といえば、夫や恋人の女性関係のトラブルですよね。 タレントや元国会議員まで、ほんとに文春の取材力には驚かされているのですが、ただこれだけ世間で注目を集めているというのも、実際世の多くの...
ママ友

詮索好きなママ友のかわし方は1つではない!5つの特徴とその対処法とは?

「で、旦那の給料っていくらなの?」 これは私が以前、高校時代の友達4人とランチしていた時に、とある友人Eが友人Yに投げかけた質問です。 私は正直その質問内容にびっくりしてしまったのですが、学生時代からの長...
ママ友

表裏の激しい人の3つの特徴。家族を捨てて腹黒さがバレた妹の実例。

ベッキーさんとゲス川谷さんのLINEでのドス黒いやりとりが一時期話題となりました。 「どうしてそんなにLINEのやり取りが出てくるの?」と、文春の機動力に恐れおののいたものですが、それ以上に驚いたのは、世間でのベッキー...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました